読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Scent of August

人生に迷子な社会人3年目の徒然ブログ!筆者は製造業で働く25歳。仕事のあれこれやライフハック、趣味の音楽や旅、読書などについて雑多に書いていきます。

MENU

【レビュー】往年のアジカンファンはトリビュート盤「AKG TRIBUTE」を聴くべし!

 

 

先日ようやくアジカンのトリビュートアルバムをゲットし、1週間ほど聴き込んだのでレビューしていきます。

僕がアジカンに出会ったのは、中学2年生の頃。
小学生の頃からBUMP OF CHICKENの世界観にのめり込んでいた僕がアジカンにハマるのに、そう時間は掛かりませんでした。

 

確か塾の帰りに親の運転する車のカーラジオから流れてきた「リライト」を聴いて、すぐに「ソルファ」を借りたのを覚えています。

「リライト」「君の街まで」「ブラックアウト」「ブルートレイン」「ソラニン」「ムスタングアジカンの成長とともに、僕も青春時代を駆け抜けてきました。

そんなアジカンも今年でなんと結成20周年。
20周年記念ということで若い世代を中心にアジカンに影響を受けた13のアーティストがこのプロジェクトに参加し、トリビュートアルバム「AKG TRIBUTE」が作成されました。

ASIAN KUNG-FU GENERATION バンド結成20周年に贈る、初のトリビュート・アルバム。 ASIAN KUNG-FU GENERATIONに影響を受けた若い世代を中心に、勢いに乗る気鋭のアーティスト13組が参加。 各アーティスト自らが選曲した、それぞれに思い入れのある“アジカン・ナンバー”をカヴァーし、リスペクト感溢れるトリビュート・アルバムが完成しました。是非お楽しみください。 (公式サイトより引用)


トリビュートアルバムと聞いて僕の世代で思い出すのは、2004年発売the pillowsのトリビュート「シンクロナイズドロッカーズ」ではないでしょうか?BUMPの「ハイブリッドレインボウ」やELLEの「Funny Bunny」を聴き込んだのを覚えています。

今回のアジカントリビュートでは、どんなメンバーがカバーしているのでしょうか

 

参加アーティストと曲目

それでは参加アーティストと曲目を見ていきましょう!

  1.  ソラニン/yonige
  2.  未来の破片/04 Limited Sazabys
  3.  Re:Re:/じん
  4.  夏の日、残像/amazarashi
  5.  リライト/Creepy Nuts(R-指定&DJ松永)
  6.  迷子犬と雨のビート/シナリオアート
  7.  ブラックアウト/LILI LIMIT
  8.  N.G.S/夜の本気ダンス
  9.  アンダースタンド/BLUE ENCOUNT
  10.  ムスタング/リーガルリリ
  11.  君の街まで/never young beach
  12.  踵で愛を打ち鳴らせ/the chef cooks me
  13.  君という花/KANA-BOON

<Cover Illustration:浅野いにお

 

こんな感じです。

アーティストを見て思うのは、「思った以上に若い世代だな」というのと、「思った以上にマニアックなバンドを選んだな」という2点ですね。個人的にはBUMPとかthe HIATUSとかアジカンと同時代に競い合ったバンドにも出演してほしかった、というのはあります。

 

 

しかし!

今回のアジカントリビュートでは、参加メンバーこそマニアックなものの、結論としては往年のファンにとっても「聴く価値のあるアルバム」だと言えます。

 

それぞれのバンドが、それぞれの方法でアジカンの曲をアレンジしており、

以前からアジカンの曲を聴きなれている分「こうアレンジするのか!」という驚きと、懐かしさと新鮮さが混ざった気持ちになります。

 

聴いてみて損はないかと!

あとはカバーイラストが浅野いにおというのも高評価です。

 

個人的によかった曲目

それでは聴いてみてよかった曲目を3つ紹介します

未来の破片/04 Limited Sazabys

原曲の激しさや切なさを忠実に残しながらも、フォーリミらしいポップなニュアンスに仕上げた一曲。彼らの表現する「未来の破片」はこのアルバムでもトップクラスに印象に残る曲に仕上がっています。

 

参考までに04 Limited Sazabysの代表曲を貼っておきます。

 

www.youtube.com

 

迷子犬と雨のビート/シナリオアート

「迷子犬と雨のビート」を見事にシナリオアートのものにしたな、という印象。シナリオアートらしさを前面に出しながらも、原曲へのリスペクトを忘れないという完璧な印象です。

 

ちなみにシナリオアートの代表曲はこちら。

www.youtube.com

 

ソラニン/yonige

最後は名曲ソラニンです。こちらはyonigeがカバー。

yonigeの雰囲気とソラニンの切なさのマッチが絶妙。こちらも完璧な仕上がりになっています。

 

yonigeの代表曲はこちら。

www.youtube.com

 

 

 

まとめ

以上、アジカン結成20周年記念のトリビュートアルバム「AKG TRIBUTE」についてレビューしてみました。こちらの特設サイトで視聴もできるので、ぜひぜひ聞いてみてください。

www.asiankung-fu.com

 

ネット上では賛否両論みたいですが、僕は音源を買っても損はないと思います!

こちらから入手してみてください。