読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Scent of August

人生に迷子な社会人3年目の徒然ブログ!筆者は製造業で働く25歳。仕事のあれこれやライフハック、趣味の音楽や旅、読書などについて雑多に書いていきます。

MENU

社会人が働きながらTOEICスコア900を取るための心構えと勉強法を全て公開する。

f:id:twogulls:20170118222045j:plain

こんにちは(´・ω・)

 

先日会社で受けたTOEIC L&Rにて、目標としていたスコア900を達成することができました(※スコア:940|L475/R465)。まとまった勉強時間を確保し、正しい勉強法を継続すれば誰でも必ずTOEICスコアは上がります。「TOEICが上がらない…。」と悩む人の大半は【①勉強時間を確保していない】もしくは【②正しい勉強法を知らない】のどちらかでしょう。本日はTOEICの勉強で悩む皆さんに向けて、スコアアップのための心構えと勉強法について紹介していきます。

 

 

 

1.学習時間を確保する

英語は語学ですから学習時間さえ確保できれば、スコアは上がると断言できます。まずは勉強時間を確保しましょう。TOEIC満点講師のTEX加藤先生も次のように述べています。

TOEICの魅力は、勉強すれば確実にスコアが伸びることにあると思います。一夜漬けでは、英語力がない段階で高得点は取ることは難しいですが、勉強すれば確実にスコアが上がります。私の指導経験では、毎日3時間勉強すると、3カ月間で約100点スコアがアップするという結果がでました。つまり、200~300時間勉強で100点もアップすることができるのです。(出典:マイナビ)  

 

勉強時間を確保するコツとしては次の3点が重要です。

 

・モチベーションに頼らず、ルーチン化すること

「頑張ろう!」と決意することには何の意味もありません。いかに英語学習の時間をルール化し、日常のルーチンに組み込むかが全てです。1日のタイムスケジュールの中で英語の勉強時間として枠を確保するようにしましょう。

・移動時間やスキマ時間を活用する

『電車に乗っている時間は単語の勉強時間』などルールを決めてしまいましょう。片道30分の通勤時間なら、往復で1時間の勉強時間が捻出できます。

・早朝の時間を確保する

夜にはテレビや飲み会など誘惑が多く、勉強が疎かになりがちです。僕自身「今日はまあいいか…」を何日と繰り返したことでしょう。そこで僕は毎朝1時間早く出社し、誰もいない食堂で勉強するのを習慣にし、継続して勉強ができました。

 

自らコントロールできないモチベーションに頼るのではなく、1日の中で勉強する場所や時間帯をルール化してしまうことが重要です。英語学習をルーチンとして日常に組み込んでしまうことができれば、スコアアップはもう目の前です。

―モチベーションに頼るな、仕組み化しろ。

 

2.単語を勉強する

現状のスコアが何点であろうと、単語の学習は最重要です。なぜなら、いくら文法を知っていても、リスニングができても、速読ができても、単語が分からなければその時点でアウトだからです。文脈から推測するといった方法もありますが、時間制限の短いTOEICでは推測に時間を掛ける余裕はありません。たとえその問題を正解できたとしても、リーディングの最後の問題までたどり着けないでしょう。ここでは僕が各スコアの期間に実際に使っていた単語帳と勉強法について紹介します。

 

英単語のオススメ勉強法

  • とにかく毎日5分でもいいから取り組むこと。英単語に触れている時間と暗記量は正比例する。まとまった勉強時間が取れない日でも、単語帳だけは眺めておくこと。
  • 声に出して暗記する。視覚だけでなく、聴覚も使って五感で単語を覚える。和訳を見た時に自然と口から単語が出てくるようになれば十分だろう。
  • 1日1ページ単位ではなく、1週間に1セクション(200wordsくらい)を目標に暗記を進めていくこと。「1日に25個」よりも「1週間に200個」と幅を持たせた方が暗記しやすい

スコア600~700台

システム英単語

大学受験時からお世話になった単語帳。受験英単語⇔TOEICの橋渡しをしてくれる1冊。ミニマルフレーズはぜひ全て覚えてほしい。TOEICスコア650レベルまでは十分対応できる。

 

■Duo3.0


560のフレーズの中に覚えるべき英単語が散りばめられている。この単語帳はCDと一緒に学習することで真価を発揮する。フレーズを頭に入れ、口で覚えてしまうことでスムーズに暗記ができる。

 

スコア700~800台

■出る単特急 金のフレーズ


TOEIC界で最強の単語帳と言っても過言ではない。TOEIC高得点を目指す人は絶対にマスターすべき単語帳。Wheelbarrow(一輪車)やwarranty(保証書)、voucher(引換券)などTOEIC特有の頻出単語が網羅されている。スコア700を超えている方は必ず取り組んで欲しい。

 

スコア800~900台

キクタン990


subsidiary(子会社)やovershadow(影を投げかける) などやや難しい単語を多く含んでいる。上記で紹介した単語帳には載っていないが、スコア900を狙うためには是非マスターして欲しい単語ばかりだ。マスターには非常に時間が掛かったが、覚えた後にTOEICの単語で困ったことはない。

 

3.文法を勉強する

リーディングの長文を読む際、文法が原因でスラスラと読み進められないのであれば、文法の勉強は必要不可欠です。Part5・6の対策にもなるため、最低限の文法を勉強しておくことはスコアアップに必ず繋がるでしょう。ネイティブの視点でイラストを用いて解説しているこちらの参考書がおすすめです。

またPart5・Part6対策であれば、この2冊を完成させておけば十分です。見落とされがちですが、TOEICのスコアは「正答数」で算出されるため、Part7の長文の最終問題と文法1問の配点は同じウェイトとなります。文法で取りこぼしをしないこともスコア900を目指すうえでは必要となってきます。

 

 

4.実際に英会話を実践してみる

単語、文法がある程度固まってきたら、実際に英会話を実践してみることがTOEICスコアアップの1番の近道です。外国人と話すためにはスクールに通うことも1つの手段ですが、価格も高く、拘束時間も長いため社会人の方には難しいでしょう。

 

そこでオススメなのが、近年話題のSkype英会話です。英会話スクールに通うより何倍も安いコストで外国人からマンツーマンのレッスンが受けられ、深夜・早朝でも自分が好きな時間に勉強することができます。僕自身、TOEIC700~800前半をうろうろしていた時期に、半年ほどSkype英会話を実践してみて、リスニングを中心に50~100点ほどスコアがアップしました。Skype英会話のメリットを以下に紹介しておきます。

 

  • リスニング教材では、英語をなんとなく聞き流してしまうことも多いが、実際のコミュニケーションだと会話を成立させるために、自然と聴き取ろうという姿勢で臨むことができ、飛躍的にリスニングスキルが向上する。
  • リーディングの教材も選べ、リーディングスキルの向上にも繋がる
  • 予約制で時間を事前指定するため、その時間はサボらず必ず勉強することができる
  • 1回のレッスンが30分程度なので、大きな負担にならず継続できる
  • なんといっても価格の安さ。1日あたり200円以下でレッスンを受けることができる
  • 綺麗なお姉さんと楽しくお話することができる。

最近ではDMM英会話が価格も安く(月額:5,500円|1レッスン料金:183円)、教師の質も良いためオススメです。まずは無料体験から始めてみてはいかがでしょう。2回分だけタダで受講できるので、まずは合う合わないを体験してみましょう。僕は最短で英語力を飛躍的に向上させることができました(詳細はこちら⇒DMM英会話

 

 

5.過去問を解いてみる

TOEICにおいては過去問が一番の参考書となります。特に2016年5月以降は新傾向の問題に変更されており、対策は必要不可欠です。