Scent of August

人生に迷子な社会人4年目の雑記ブログ!筆者はメーカーで働く26歳文系男子。仕事のあれこれやライフハック、趣味の音楽や旅、読書などについて雑多にまとめます。

【秀逸】切ない青春18きっぷポスターのキャッチコピー、個人的ベスト10を発表する

f:id:twogulls:20170117212818j:plain

こんにちは(´・ω・)

くう太(@ScentofA_blog)です。

 

初めて青春18きっぷを使って旅に出たのは高校を卒業した春。
それぞれ別の進路に進む友達と、「ずっと友達だよ」と言う代わりに、みんなで旅に出た。

 

それ以来、大人になった今でも青春18きっぷのポスターには足を止めてしまう。
今日は、切ない青春18切符ポスターのキャッチコピー、個人的ベスト10を発表する.

 

第10位 9時52分 私はいま、遅い春を迎えに行くところです

f:id:twogulls:20170117213011j:plain

「遅い春を迎えに行く」旅に出るのもいいかもしれない。僕は東北に住んでいるので、桜前線を迎えに行くような旅に出てみたい。津軽地方から眺める雪解けの岩木山もキャッチコピーによく合っている。

 

第9位 はじめての一人旅を、人は一生忘れない

f:id:twogulls:20170117213039j:plain

はじめての一人旅はベトナムカンボジアだった。不安と興奮が混ざり合ったあの感覚、アジア特有のあの空気を忘れることができない。はじめての一人旅の思い出が、人をまた旅に駆り立てるのかもしれない。

 

第8位 前略、僕は日本のどこかにいます

f:id:twogulls:20170117213116j:plain

日本のどこかへ。青春18きっぷで自由気ままに旅してみたいものだ。

 

第7位 冒険が足りないと、いい大人になれないよ

f:id:twogulls:20170117213239j:plain

若いうちに沢山冒険しておくことは必要だ。学生時代に仲間と日本一周をして、日本の広さと人びとの優しさに触れた。そんな僕は、いい大人になれたのだろうか?

 

第6位 僕らが降りた終着駅は、誰かの旅の始発駅でもある

f:id:twogulls:20170117213341j:plain

旅の始まりは誰かの旅の終わりでもある。そう思って改札をくぐると、新たな景色が見えるのではないだろうか。

 

第5位 大人には、いい休暇を取る、という宿題があります

f:id:twogulls:20170117213421j:plain

こんな宿題が出たら、真っ先に旅に出たいと思う。

 

第4位 空気は、読むものじゃなく、吸い込むものだった、と思い出しました

f:id:twogulls:20170117213445j:plain

人は普段、空気を吸い込むことを忘れてしまっているのかもしれない。たまには空気を吸い込むために旅に出てみたい。

 

第3位 自分の部屋で、人生なんて考えられるか?

f:id:twogulls:20170117213459j:plain


書を捨て、旅に出よう。そんな気分にさせてくれる秀逸なキャッチコピー。

 

第2位 あの頃の青を探して

f:id:twogulls:20170117213521j:plain

同じ青色でも、あの頃、目に焼き付けた青色にはなかなか再会できないものかもしれない。あの頃の「青」はどこで見つけられるだろう。

 

第1位 「ずっと友達だよ」と言う代わりに、みんなで旅に出た。

f:id:twogulls:20170117213551j:plain

まさに秀逸なキャッチコピー。あの頃にみんなで出た旅は「ずっと友達でいよう」という約束だったのかもしれない。


まとめ

今年も青春18きっぷの季節が近づいてきましたね。今年はどんなキャッチコピーが出てくるのでしょうか。楽しみに春を待ちたいと思います。

 

★おすすめ記事★

twogulls.hatenablog.com

twogulls.hatenablog.com