読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Scent of August

人生に迷子な社会人3年目の徒然ブログ!筆者は製造業で働く25歳。仕事のあれこれやライフハック、趣味の音楽や旅、読書などについて雑多に書いていきます。

MENU

【入門書】ロジカルシンキングを勉強するためのおすすめビジネス書ベスト3を紹介する

ビジネススキル おすすめ本

f:id:twogulls:20161231160154j:plain

―それさぁ、ロジック通ってなくない?

―ごめん、意味わかんない。

 

就活でのインターンで経営工学を学ぶ京大生に言われた言葉だ。同世代とのディスカッションなのに、周りが何を話しているのか理解できなくて、空気になるしかなかった2日間。あれほど悔しい思いを感じたことは今までになかった。

 

★★

 

職場や学校で「ロジカルにモノを考えることができない」「論理的に考えろと言われてもどうすればいいか分からない」という方は多いのではないだろうか。かく言う僕も、どちらかというと感覚やフィーリングで言葉を発するタイプで、ロジカルな思考は得意ではない。

 

そこで、これまで様々な関連本を読んで勉強を重ねてきたが、今回は「初心者・入門者にオススメしたいロジカルシンキング関連のビジネス書」を3つ紹介する。僕もこの3冊から多くのことを学ぶことができた。自信を持って良書だとオススメできるものばかりなので、悩む人の参考になれば幸いだ。

 

【目次】

 

1.ロンリのちから 

ドラマ仕立てで「論理の仕組み」が楽しくわかる。NHKEテレ『高校講座』人気番組の待望の書籍化!「あの『ロンリのちから』はスゴイ!」「自分も学生時代に出合っておきたかった!」……ビジネスマンにも話題となった『ロンリのちから』が内容をさらにパワーアップ、1冊に!(Amazon)

 

2.世界一やさしい問題解決の授業

日本発世界へ――米メディアでも話題沸騰。物事の本質を見極め、打ち手を考え、具体的な行動に落とし込む「問題解決力」がシンプルにわかる本として世界20カ国で出版決定。Business Week、USA Today、New York Post等、米主要メディアでも話題。世界的な経営コンサルティング会社で使われている「問題解決能力」のトレーニングを、中学生向けにカンタンにブレイクダウン。世の中を生き抜くホンモノの思考力が身につきます!

本書は「問題を解決するために、どうロジカルに物事を考えるか」という方法論についてまとめられた良書である。中学生にも分かるように書かれているだけあって、めちゃくちゃ分かりやすい。

3.そもそも「論理的に考える」って何から始めればいいの?

「考えてから発言して」「ちょっと考えればわかるだろ」「もう一度ちゃんと考えてみて」などと、上司や先輩に言われたことはありませんか? 仕事をしていく中で、「考える」ことは不可欠です。

本書では、「きちんと考える」ときに押さえておきたいポイントから、論理的に考えるためのきっかけのつかみ方、問題を解決する方法までを、ストーリー形式で、やさしく解説します。

舞台は新幹線の中。広告会社に勤めるサオリは、偶然隣りの席になった数学を専攻する大学院生・優斗に、今まで誰にも聞けなかった「どうすればちゃんと考えられるのか?」という疑問をぶつけます。仕事で伸び悩むサオリが、優斗との会話を通して、何から考え始めればよいのか、どう考えれば斬新なアイデアが生まれるのか、根拠ある考えの裏には何があるのか、などを学んでいきます。

早くゴールにたどり着くための効率的な考え方、三段論法・消去法の便利な使い方、どんなツッコミにも答えられる頭の中の整理法、相手を論破する反例と背理法の活かし方など、毎日の仕事に役立つ考え方を多数紹介。丁寧な解説と豊富な図表で、誰でも簡単に、今日から使える「考えるコツ」を、楽しみながらつかむことができる一冊です。

 

まとめ

 

 

twogulls.hatenablog.com

twogulls.hatenablog.com

twogulls.hatenablog.com